空港の撮影スポット紹介と航空機の写真集

2006年09月30日 新千歳空港北側フェンスにて撮影
 あいにくの雨がぱらつく曇り空の新千歳空港。本日は南向き着陸のためファイナルアプローチの航空機を正面でとらえることができる。
B767が主流になりつつあるが、ジャンボジェットもJAL、ANAともに着陸風景を撮影。B767の場合、コックピットのパイロットと目が合う雰囲気がある。
ボーイング社(アメリカ)
B747-400型(標準的なもの)
標準乗客 機種によって各種 おおむね500名
 全幅 64.4m 全長 70.7m 最大離陸重量 412.8t
 巡航速度 939km/h 航続距離 14,200km
ボーイング社(アメリカ)
B767-300型(一般形)
標準乗客200〜350名
 全幅 47.6m 全長 54.9m 最大離陸重量 156.5t
 巡航速度 850km/h 航続距離 11,305km

2006年06月25日 新千歳空港北側金網前より
 本日のレアものはエアトランセの2号機であるオレンジ塗装のビーチクラフト1900Dの着陸。この機体で民間定期航路を運行しているのは北海道のエアトランセのみ。
また、ANAのピカチュウ・ジャンボってまだ飛んでいるんだぁ。昔、福岡から羽田経由で新千歳まで乗ったが、中に居る分には気にならないが、出張で乗るには抵抗のある彩色去った。
最後の写真は北側フェンスの様子。当日もしっかり公安のジープから写真を撮られた模様。
レイセオン エアクラフト社(アメリカ)
ビーチ1900D型
標準乗客 機種によって各種 おおむね18名
 全幅 17.64m 全長 17.62m 最大離陸重量 7.766t
 巡航速度 518km/h 航続距離 2,685km

All Right Reserved Mint
inserted by FC2 system