inserted by FC2 system
さらばPEACE一夜の夢(中間報告)
 SIG HEIWAの元OPであったPEACEこと本庄氏がOP追放の憂き目にあったので、その経緯をとりまとめておきます(って、今99年2月23日ですが!)。

発端は確たる平和思想の無きまま「戦火の中を逃げまどう子供たちを見るに付け」と言った心情的動機からSIGを始めたことでしょう。その後、陰のSIG−OPから表にでるに及んで、まボタンの掛け違いが進んだ訳です。

でも、直接の原因はpagoriをSIG運営協力者にした所にあります。これ以降岩が坂道を転げ落ちるようにSIG−OPの座は失われていくのです。GINだかGANだかの支援も役たたずです。

pagori問題の最初の兆候は中村(教授)の参加制限で表面化しました。別にHEIWAだけの事ではなく、97年頃から現れた珍獣pagoriはPC−VANの方々で問題を起こし。結局、なんの解決も見ないまま他のボードに渡って同じ事をくりかえすのです。僕が知る範囲では最初に旧LIVEで村武さんをはじめ多くの方に顰蹙を買い、「参加制限にしてくれ」と発狂する始末です。理性で解っても指がJLIVEと叩いてしまい自制がきかないようでした。
このpagoriが中村(教授)を必要に揶揄するものだからpagoriに関する中村(教授)名言集は10指にあまるものとなったのです。

1)30代後半
2)無職
3)独身
4)高卒
5)低能

あ、全部書くの面倒だからまとめますと「30代後半の低能独身無職高卒の男」ですか(Smile)。
普通なら逃げていくpagoriですが、SIG HEIWAでは運営協力者のため逃げ場が無く、のらりくらりしていたのですが、やはり精神的プレッシャーはすごく、OPと結託して中村(教授)を参加制限にしたのです。

次のpagori問題はカワセンさんに対する「応答強要でっち上げ事件」でしょうか。この時、ワカセンさんを参加制限にし、特定個人への恣意的参加制限をカモフラージュする意味でP・Eさんも同時に何の脈絡もなく参加制限しました。
しかし、着実にボタンの掛け違えは下から首に向かって進んできたのです。
カワセンさんは、このHEWIA以外にもGREENでも書いており、まっとうな感覚は確信犯の中村(教授)と違う(あ、誉めてるのですよ中村(教授))面です。
PEACE−OPの処置に異を唱えるOPが現れたのです。これが、元SIGBOOKS(あ、これは半年くらい先に公開されるので「元」です)のSIG−OPであった三鷹さんです。

ネットワークの世界では「敵の敵は敵」が常識なのですが、HEIWAへの決定打の多くが三鷹さんから打ち込まれたことを考えると、この人(たち)はそうとうな深慮遠謀があったのではないかと思われる。もちろん(たち)とは、たねりさんを含むわけです。

pagoriは最初このBOOKS−SIGのディベード・ルームに出入りしたいたのですが、あいかわらずの対応にディベードを仕掛けられて敗れ、転載専門に徹しSIG−OP三鷹さんから「誠意のない参加者は去れ」と示唆されて去っていくのでした。

これと前後して三鷹さん(たち)の行動が始まります。今考えてみるとこれがネット私警察を表する「わたし(たち)」の実体なのかもしれません。今回は事務局にご注進ではなく、みずから仕事人を演じたようですが。
まず、たねりさんによるpagoriの追い込みです。pagori追い込みは最終的にPEACE−OPへと進む仕組まれた段取りを踏んでいきます。

pagoriののらりくらりが非常に誠意が無く、質問する者を小馬鹿にして揶揄することに腹をたてた神宮寺さんが、わざとと思える参加制限を受けました。

この時点で僕は「不誠実なSIG運営協力者問題」、たねりさんは「誹謗と捏造のどっちが問題か?」とPEACE−OPに迫っていたのです。

ところが、最終回は自ら墓穴を堀ってしまったのです。

神宮寺さんが11月20日にPEACE氏のミスによる本名開示(#1222にログ有り)を目にしていたのでPEACE氏の本名を開示した不当な参加制限お行うPEACE氏と、BOOKSへアップしました。これに対してPEACE氏は本人にでは無く事務局スタッフおよび元(Smile)BOOKS−OPの三鷹さんに「緊急な削除をお願いしたい」旨メールを送ったのです。カスタマーサポートのスタッフとしても放っておけず三鷹さんに対処を求めたのです。

どうも、この部分も三鷹さんの戦術では折り込み済みのようで、SIG−OP削除では無く、神宮寺さんに伏せ字化して再アップを求めました。また、神宮寺さんも頑強に本名掲示に固執することなくこの要請に応じました。このあたりは、まるで仕組まれているかのようでした。この展開でますますPEACE氏を追い込むことになったのですから。

そして、カワセンさんの「共同で抗議しませんか」に繋がるのです。不当なSIG荒らしの様相は見せず、誠実にカスタマー・サポート・スタッフおよびSIG−OPの判断に従った実績を盾に、打倒PEACEに向けての下地は出来てきたのです。
中村(教授)も遠路駆けつけ、あたかも吉良上野の助に討ち入りを決行する直前の蕎麦屋の2階とBOOKSのディベード・ルームは化したのです。

がしかし、PEACE氏は自ら墓穴を掘ってしまいました。2月20日に11月20日と同様に本名フッターを付けて書き込みを行ったのです。

これが、穏健派の間諜てふてふさん(smile)に知れることになり、再アップされることになったのです。ここでまたPEACE氏はミスを犯しました。
「なんなら当方で削除するよ」と応酬したのです。ま、誠意のなさだけではなく不躾って面でまたまたマイナスポイントを稼いだのですが、これはPEACE包囲網がカスタマー・サポート・スタッフに訴え出るには格好のネタ。

また、三鷹さんは激高したふりをしてPEACE氏のダブルスタンダード、人には公開して欲しくないが、自分の威光を示すために使っている。また、PEACE@biglobe.ne.jpと記されているのはOP−IDのインターネットでの私的利用ではないかと疑義を申し立てました。

しかも、これって事前連絡済みなのか不明ですが、カワセンさんが「これで、インターネットで本名見つければ、PEACEはおしまいだ」と述べた後で、ひさしくROMをしていたというcocoaさんが現れ、amlで転載バカボンをやっているPEACE氏の本名が掲載されているページのurlを暴露って、ほどでもないか、教えてくれたのです。

ここに来て、SIG−OP−IDの私物化、本名掲載に関するダブルスタンダードは証明されてしまったのです。

残された物は総ての戦火の発端であった「pagori問題」だけ。他は流れるように流れてゆけば良いのです。

それにしても、今、思い返してみると、皆が絶妙なタイミングで、それぞれの役を演じ、終演に追い込んだ気がしてならない。これが誰かの采配により動いていたとしたらかなり恐ろしいことだ。

以上、暫定版【禁転載】

とまぁ、99年2月23日に書いたあとの補足。

>321/321 SIG運営会議室 ガイドライン
>★タイトル (NQG63965) 99/ 3/10 12:33 ( 7)
>風説では。たねり
>★内容

>シグ閉鎖の示唆もされているそうですが。とある場所で。

>それ以上はピースさんが話したほうがいいと思います。

>CUGに移行すれば仲間うちだけでやれますね。

3月10日に以下のたねり氏の書き込みがあった。以外だったと言うかPEACE氏はこの件にかんして以下のように書いていたのだった。

>#201/321 SIG運営会議室 ガイドライン
>★タイトル (PEACE ) 99/ 2/22 23:35 ( 7)
>平和関係の情報をえるためですけど  v(^^)/PEACE
>★内容
>何を言っているのかよくわかりませんが、平和関係の
>情報を得るために、OPIDを使用することはありま
>すし、その件で事務局にも相談済みです。それだけの
>ことですが、なにやら騒いでいる‥‥‥。事務局への
>連絡はどうぞ行って下さいね。

>                  v(^^)/PEACE


これは、発覚直後

>#243/253 SIG運営会議室 ガイドライン
>★タイトル (PEACE ) 99/ 2/28 10:37 ( 19)
>質問に答えて            OP/PEACE

>この間SIGスタッフの方と連絡をとっています。
>OPIDでの外部MLへの参加については、参加の
>段階で事務局に相談していましたし、現在でもML
>参加について、事務局より了解をとっています。M
>Lは情報発信しつつ、情報収集するのが基本です。
>このSIGのライブラリィ充実は、MLへの参加が
>前提になっています。

>個人IDの利用不能の件については、クレジットカ
>ードの変更にともなうもので、他意はありません。
>早急に利用できるようにします。

>なお、実名削除問題については、事務局と折衝中で
>す。このSIGで実名が出されて削除してほしい旨
>の連絡があれば、早急に対応するし、それをしない
>三鷹OPの問題についても、事務局に連絡済みです。

>                  OP/PEACE

これは、三鷹さんから個人IDが切れたままでSP−IDを使っているのではと質問があったため。

>#288/321 SIG運営会議室 ガイドライン
>★タイトル (PEACE ) 99/ 3/ 7 0:34 ( 12)
>GINさん、いろいろ心配をかけました  v(^^)/PEACE
>★内容
>事務局からは、平和SIG運営については、しっかりや
>っていただいているという激励をいただいてます。しか
>しテーマがテーマなだけに、いろんな問題があります。

>今回の問題をおこしたてふてふさんには、いずれこの場
>でなんらかの返答を求めてみます。もし、てふてふさん
>が書かれるなら、それを見た上で判断します。SIGの
>問題を他SIGや他の場に書かれることについて、この
>SIGとしてのけじめが必要ではないか、そんな気がし
>ますが‥‥‥。

>                    v(^^)/PEACE

3月7日には、こんな書き込みが。これでカワセンさんが言っていた「危機を感じる感性が何処かに飛んでるんじゃないの(意訳)」って感じです。カワセンさんはPEACE氏とカスタマーサポートが強い絆がある(意訳)と感じたようですが。

少し戻るが、PAECE氏の当方への削除要請が以下のように来て、これ以前にカスタマーサポートからもPEACE氏と話し合ってくれとのこと。

>#06284835 99/03/04 20:22:11

>発信者:PEACE PEACE
>受信者:UNN94734 Mint

>文書名:MSG削除要請

>v(^^)/PEACEです。
>以下のmail中に、私の実名があるので
>即刻削除して下さい。よろしくお願い
>します。

><メッセージ一覧>
>−−−−−−−−−−−
> SIG「Books」
>  3.フォーラム
>   6.ディベート・ルーム

>1498 99/ 2/19 再掲載・平和SIGにおけるPEACEの暴挙について  神宮寺
>1512 99/ 2/22 インターネット上公私混同PEACEメール資料(2)  
>1513 99/ 2/22 解説;インターネット上公私混同PEACEメール資料    カワセン
>1517 99/ 2/23 事務局へのお伺いメール               Mint
>1527 99/ 2/24 取りあえず・・・              神宮寺
>1530 99/ 2/25 「HPM20797」が消えたのは97年9月末か?      カワセン
>1531 99/ 2/25 お笑いPEACE;公私だけでなく、場も混同?       カワセン


>             _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

>             本 庄  豊 /京都
>             PEACE@biglobe.ne.jp

>        _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

カスタマーサポートを間に立てて、以下のように最終通告をカスタマーサポートへ送った。

>話し合いは成立しませんでした

>(曽川様、他管理職様)

>> お客様が掲載されましたメッセージにつきまして、 PEACE 様からプライバ
>>シーを侵害されているとの訴えが届いています。
>>
>> BIGLOBEカスタマーサポートでは、当該メッセージがBIGLOBE
>>サービス会員規約第27条(会員の義務)1項(6)「他の会員あるいは第三
>>者の財産、プライバシーを侵害する行為」に該当するか否か判断がつきません。
>>
>> 従いまして、「会員規約(会員の義務条項)の運用について」のルールに基
>>づき対応させていただきます。

>PEACE氏からは以下の2通が来ました。

>>#06284835 99/03/04 20:22:11
>>
>>発信者:PEACE PEACE
>>受信者:UNN94734 Mint
>>
>>文書名:MSG削除要請
>>
>>v(^^)/PEACEです。
>>v(^^)/PEACEです。
>>以下のmail中に、私の実名があるので
>>即刻削除して下さい。よろしくお願い
>>します。
>>
>><メッセージ一覧>
>>−−−−−−−−−−−
>> SIG「Books」
>>  3.フォーラム
>>   6.ディベート・ルーム
>>
>>1498 99/ 2/19 再掲載・平和SIGにおけるPEACEの暴挙について  神宮寺
>>1512 99/ 2/22 インターネット上公私混同PEACEメール資料(2)  
>>1513 99/ 2/22 解説;インターネット上公私混同PEACEメール資料    カワセン
>>1517 99/ 2/23 事務局へのお伺いメール               Mint
>>1527 99/ 2/24 取りあえず・・・              神宮寺 >>1530 99/ 2/25 「HPM20797」が消えたのは97年9月末か?      カワセン
>>1531 99/ 2/25 お笑いPEACE;公私だけでなく、場も混同?       カワセン
>>
>>
>>             _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
>>
>>             ○ ○  ○ /京都
>>             PEACE@biglobe.ne.jp
>>
>>        _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

>一部伏せ字

>>#06284936 99/03/04 20:24:04
>>
>>発信者:PEACE PEACE
>>受信者:DJJ39396 カワセン
>>    PNN53714 神宮寺
>>    UNN94734 Mint
>>    INET#info@bcs.biglobe.ne.jp
>>
>>文書名:MSG削除要請
>>
>>v(^^)/PEACEです。
>>以下のmail中に、私の実名があるので
>>即刻削除して下さい。よろしくお願い
>>します。
>>
>><メッセージ一覧>
>>−−−−−−−−−−−
>> SIG「Books」
>>  3.フォーラム
>>   6.ディベート・ルーム
>>
>>1498 99/ 2/19 再掲載・平和SIGにおけるPEACEの暴挙について  神宮寺
>>1512 99/ 2/22 インターネット上公私混同PEACEメール資料(2)  
>>1513 99/ 2/22 解説;インターネット上公私混同PEACEメール資料    カワセン
>>1517 99/ 2/23 事務局へのお伺いメール               Mint
>>1527 99/ 2/24 取りあえず・・・              神宮寺
>>1530 99/ 2/25 「HPM20797」が消えたのは97年9月末か?      カワセン
>>1531 99/ 2/25 お笑いPEACE;公私だけでなく、場も混同?       カワセン

>同報メールのようで当方のメッセージ以外のメッセージに削除を要請されても
>困惑しています。
>また、いただいたメールには「実名があるので」となっておりますが、PEA
>CE氏はインターネットのメーリングリストにおいて、住まいする地域、本名
>、電話番号、ファクシミリ番号をPC−VANのSP−ID(PEACE)と
>ともに公開しています。
>インターネットでSP−IDと対で(つまり、SIG HEIWAのSIG−
>OPの書き込みである証左)掲載している者が、PC−VANの中で本名を引
>用されて何か不都合がことがあるのでしょうか。不都合なことがあればそれを
>説明するのが先で「本名があるから」はまったくPEACE氏の我が儘から発
>生しているものです。アカウンタビリティの不足です。

>よって、以下のようなメールをPEACE氏に送付いたしました。

>ーーーーーー以下PEACE氏へのメールーーーーーー

>実名が有るから削除せよとのことですが、理由をご説明下さい。

>インターネットで実名をSP−IDとともに公開してる方が、その実名が
>有るので削除を「即刻」しかも「して下さい」と依頼と言うより命令口調
>で言われる意味が分かりません。

>しかも、あなたはこのメールにすらフッターに以下のインターネットでの
>常習フッターを書いていますね。

>>             _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
>>             ● ●  ● /●●
>>             PEACE@biglobe.ne.jp
>>        _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
>(ガタガタいわれなくないので伏せ字)

>なんら、このフッターを利用することに自らの自制がありません。にも関わ
>らず当方に削除を強いるにはそれなりのアカウンタビリティ(説明責任)が
>必要と思うのですが、そこの点をご説明下さい。

>ちなみに「mail」とはどのような意味でしょうか。あなたは個人のmailを検
>閲しているのですか? SIG−OPなら用語の適性使用をなされてはいか
>がか。

>>明確な説明がありませんと、Mintは「故無き恫喝に屈服した」と私のネ
>ットワークへの参加姿勢を問われかねないので応じるわけにはいきません。
>少なくともSIG−OPなら、PC−VANの発展に寄与すべく行動される
>べきでしょう。あなたのやっていることは自己中心で御都合主義で、しかも
>参加会員へのいわれ無き恫喝です。もちっと、納得できるmailを送れないも
>のでしょうか。

>再考を示唆させていただきます。
>ーーーー以上、PEACE氏へ送付したメールーーー

>3月9日現在、返答はありません。

>さて、カスタマーサポートサイドにおかれましては、会員(どうもPEAC
>E氏の個人会員のIDは会費不払いで停止されているようですが)ならいざ
>しらずSP−IDを持つSIG−OPからの訴えを、その事実関係調査を行
>わず画一的にID停止も含めた処置を講ずると該当会員に通知するのはいか
>がなものかと考えます。

>現に、PEACE氏の不当な行為により不要な時間をとられ、このような弁
>明書もどきを作成しなければならない当方の負担を考えてもらいたいです。

>インターネットでSIG HEIWAのSP−IDと対にして実名を公開し
>ている人間が「実名が含まれてる」を理由として他人にメッセージの削除を
>要請できるものでしょうか。そのあたりカスタマーサポートサイドで事前調
>査は行われたのでしょうか。

>当方から曽川様には下記のような問い合わせを行っております。このURL
>の調査も行わず「問題ないとうかがっております」との返答でした。カスタ
>マーサポート独自の調査は行っていないようです。

>> http://www.jca.ax.apc.org/~pebble/ianfu/jugunv3.html
>> http://www.jca.ax.apc.org/~toshi/aml/97mar/aml4325.html
>> http://web.kyoto-inet.or.jp/people/hibino/aml/2625.html
>> http://www.jca.ax.apc.org/aml/9902/11185.html
>> http://www.jca.ax.apc.org/aml/9902/10942.html
>>
>>署名蘭にPEACE@pcvan.or.jp(or.jpは今後利用できませんが)と書くことは
>>pcvanがPEACE氏に特別なIDを貸与していることを意味します。

>このようなカスタマーサポートの職務怠慢に抗議するとともに、しかるべき
>役職の方のカスタマーサポートを代表する謝罪を求めます。

>>以上、引き続きご不明な点がございましたら私、曽川宛にご連絡頂けない
>>でしょうか。
>(新しく追加のお問い合わせに関しましては、担当者名は不要です。)

>残念ながら今回の件は、曽川様個人の対応では無く、カスタマーサポートと
>して問題をどのように受けとめているかお伺いしたいのです。よって、曽川
>様他1名の署名をもってご返答いただきたいです。でなければ、PEACE
>氏の行為を幇助したのは曽川様個人と判断させていただきます。かように、
>会員としては納得の行かない判断をカスタマーサポートはされているのです。

>また、PEACE氏におかれましては以下のことを要求いたします。
>PC−VANの基本方針として「楽しく情報交換できる場」にすべく各SI
>G−OP各位は努力されているはずですが、今回のPEACE氏の行為は、
>PC−VANのこのような方針に背く行為です。
>自らのインターネットでの実名とSP−IDを対にした掲載が招いた結果で
>あり、そもそも自ら「転載歓迎」とまで書いたSP−IDでのメーリングリ
>スト投稿行為に起因することを反省しカスタマーサポートおよび個々の会員
>に不要な手間をとらせたことに謝罪を求めます。

>同文をSIG BOOKSに掲載します。曽川様におかれましては、個人の
>行為で無ければ他1名の署名入りでご返答ください。いただけない場合は曽
>川様の名前を伏せ字にせずに公開させていただきます。(理由は、本文中で
>説明しています。PEACE氏幇助が個人の行為か集団の行為か明らかにし
>たいのです。4営業日(金曜日夜まで)待ちます)

>以上です。

これに対してカスタマーサポートからの返信。ただし、何時もなら「転載はご遠慮いただきたい」の1行があるのだが、これには無い。よって、全文引用。

>ご連絡ありがとうございます。
>BIGLOBEカスタマーサポート曽川です。

>ご連絡頂きました、「話し合いがなされない」旨のご連絡をPEACE殿に伝えました。
>なお当方は、会員間の苦情に関しましては「BIGLOBEサービス会員規約第27条(会員
>の義務条項)の運用について」に従って処置させて頂いておりますので宜しくお願い
>いたします。
>また、この度の件に付きまして、私個人の判断による対応ではなく、BIGLOBE
>カスタマーサポートとしての対応でございますので、よろしくお願い致します。


>以上、引き続きご不明な点がございましたら私、曽川宛にご連絡頂けない
>でしょうか。
>(新しく追加のお問い合わせに関しましては、担当者名は不要です。)

当方の述べた「他1名の署名を入れよ」は無い。よって、判然としないが、これはカスタマーサポートの1担当者の個人プレーの可能性もある。昔のベルゼバブ事件を思い起こせば、会員としては「他1名」の明記が無いことを、そのように受け止めざるを得ない合理的理由がある。(よって、カスタマーサポートの担当者名を伏せ字にしない)

さてさて、今後どのような展開になるか、目が離せない。

ここまでは3月10日に記す。

カスタマーサポートの担当者は、今回の一件を総て一担当者で握っており、当方他3名へのPEACE氏の「愚行」に判断力停止状態で善良な会員を巻き込んだ事に謝罪もよこさず。ま、カスタマー・サポートにもかかわらず、頭のおかしいSIG−OPに振り回されてどうする! ってのが素直な感想。

その後、PEACE氏は貝のように押し黙りボードには顔を出さない。日本人の悪い癖、台風一過をひたすら待つ姿勢らしい。同様に何を感じたのかpagoriは休日最終日ライターと化し、リアルタイム性の無いレス(にも成らないツブヤキ)でボードを汚している。

PEACE氏は最後は投げだしOPとなるのか、はたまた、何もなかったかのようにまた現れてくるのか。これは興味がある所である。

3月24日に記す。
All Right Reserved Mint
inserted by FC2 system